担保の利用

フリーローンと不動産担保ローン

通常お金を借りる時には、担保を設定してお金を借ります。日本でも昔から質屋でお金を借りる時も、質屋に何かを預けてお金を借りていたのです。住宅ローンを利用するときも、土地や建物に抵当権を設定します。そして、消費者金融が登場してからは担保がなくても融資が受けられるようになったのです。担保をとらずにお金を貸すので、借り手側が必ず返済をしてくれる信用が大事となるのです。担保不要なフリーローンのおかげで、不動産を保有していない人でも融資が受けられるようになったのですが、リスクが大きいため金利も高く設定されるのです。不動産担保ローンであれば、貸し手側にとっては万が一借り手が返済不能に陥っても担保回収することができるので、リスクが少なく融資ができるため低金利なのです。

資産活用をするという考え方

お金を借りているのに高い金利で契約していて、毎月高い利息を支払っているそれであれば不動産担保ローンを検討してみることです。せっかく土地や戸建て、マンション、駐車場など不動産を所有しているにもかかわらず、それを何にも使用していない、それであればこれらの資産を活用して不動産担保ローンを利用することで、フリーローンよりもはるかに低い金利で融資をしてくれるのです。審査でいえばフリーローンよりも時間はかかりますが、長期間でかつ低金利で毎月無理のない返済金額で返済をしていくことができます。お金を借りる時は、トータルで考えます。総額の支払金額がいくらになるかが重要です。不動産担保ローンのトータルでの返済金額が分かれば返済計画も立てやすいです。