気をつけるべきこと

利用の際に気を付ける事

最近ではキャッシングやカードローンなどのフリーローンが幅を利かせていますが従来の不動産担保ローンにも注目が集まっています。 不動産担保ローンと言うのは、その名の通り不動産を担保として設定するローンのことで、広く広がっている物としては住宅ローンなどが上げられます。 不動産担保ローンを使う際に注意すべき事として、その使用目的をどのように使うかという事が上げられます。 たとえば住宅ローンなどの「目的別ローン」の場合当初に契約した目的外の使用は契約違反で契約が取り消しになります。特定の目的を定めないタイプも存在し最近では広まってきているのですが、こちらは目的別ローンよりも金利が高めになっています。 またどちらにしても事業目的の融資は別と定めている所も多いので、利用の際は銀行などの金融機関にしっかりと相談しましょう。

不動産担保ローンを使用する際に知っておくと良い事

不動産担保ローンの大きな特徴というのは、その名の通り担保がある為比較的契約に余裕があるという事が上げられます。 具体的な数字は会社によって異なりますが、金利も10%を超えるところは少ないですし、借入金も一億単位で借りる事が出来る場合もあります。 但しキャッシングやカードローンなどの担保不要のローンに比べて担保の設定など契約に時間がかかる事が多く、即日融資という訳には行かないというデメリットもありますし、事業目的の借り入れは基本的に断られます。 こういった特徴をよく知っておき、自分がなんのために借り入れを行ってどの程度であれば無理なく返済が可能か、という事を予めしっかりと考えたうえで利用するようにしましょう。