ローンの種類

世の中にはさまざまなローンがある

世の中にはさまざまなローンがあります。有名なローンとしては、住宅ローンです。それから教育ローンや自動車ローンなどが有名です。その他にも無担保で借り入れができるフリーローンがあります。これらは2つに分けられます。名前のあるローンと名前のないローンです。名前のあるローンは、住宅、自動車、教育です。何が違うのかというと金利が違います。名前のあるローンは圧倒的に金利が低いです。フリーローンは14%から18%と高いです。それは、自動車購入や住宅購入は国の経済活動になくてはならないもので、経済活動を活発化させるために低金利で融資をして買いやすくしているのです。フリーローンは何に使ってもいいので、嗜好品や贅沢品とよばれるものです。そのため高く設定されているのです。

金利が高ければ不動産担保ローン

フリーローンは、何に使ってもいいローンであり資金使途が限定されていないローンです。さらには無担保で融資をしてその人の信用でお金を貸すのです。リスクが高いため金利も高いのです。その点、不動産担保ローンは低金利です。不動産担保ローンはその名の通り不動産を担保としてとります。万が一借金が返せなくなったよなことがあっても不動産担保ローンは最悪担保を回収してそれを競売にかけることで、そのリスクを軽減できるため貸し手側にとっても高額の融資と低金利で融資ができる仕組みとなっているのです。どうしても今借りているカードローンの金利が高い、他の借金もまとめてひとつにしたいというときは、不動産担保ローンを利用するのもひとつの方法です。